ROVPwer RP-PC136 レビュー

充電器

【RAVPower 急速充電器 RP-PC136 レビュー】GaN採用でコンパクトなPD対応65W高出力充電器

2020年12月3日

モバイルバッテリーや充電器は、GaN(窒化ガリウム)の採用により小型化され、各メーカーからは「これでもか」というくらい発売されますね。ここまで同じような製品が溢れてくると、「モバイルバッテリーや充電器はもういらないよ」とも言いたくなるくらいです。モバイルバッテリーや充電器はもう飽和状態だろうと思っていました。この充電器に出会うまでは…

何度かレビュー依頼を頂いているRAVPowerの製品ですが、株式会社SUNVALLEY JAPAN様より、新たに充電器の新製品のサンプルを提供していただきました。機種名はRP-PC136です。GaN(窒化ガリウム)採用で、PD対応(USB-C×2)、ismart(UCB-A×2)の4ポートを備えた、最大65W高出力の充電器です。

最初にレビュー依頼を頂いた時に製品ページの写真を拝見して、「オッ!!」と思いましたね。65W4ポートというハイスペックにも注目しましたが、最初に目を引いたのがこのデザインです。

そんなRP-PC136ですが、今まで通りに忖度はせずにレビューしたいと思います。

 

RAVPower RP-PC136の外観

 

ROVPwer RP-PC136 レビュー

▲サイズは約7.6 x 4.1 x 4.1cm、重量は約160g(充電器本体)。

どうですか?実用的な4ポートが搭載された、このコンパクトな直方体デザイン。平たい充電器をよく見掛けますが、このようなデザインを見たことが無かったので(私が知らないだけかも知れませんが)、箱を開封した瞬間に一発で気に入りました。

こういうガジェット系って、だだ性能が良ければ良いというものではなくて、「持っていて嬉しくなる、使っていて楽しい、旅行に持っていきたい」、ということが大切だと思うんですよね。無駄を省いたデザインで、「RAVPOWER」の文字が映えます。

 

 

ROVPwer RP-PC136 レビュー

 

PD対応のUSB-Cポート×2、ismart対応のUSB-Aポート×2の4ポートを搭載しています。

 

ROVPwer RP-PC136 レビュー

 

AC入力ケーブルの接続面には安心のPSEマークがプリントされています。

 

ROVPwer RP-PC136 レビュー

▲パッケージ内容は充電器本体、AC入力ケーブル、取扱説明書です。

AC入力ケーブルはちょっと太めのケーブルになっています。コードを束ねるバンドが備えてありますが、硬めでゴワつき感があります。高出力充電器なので致し方ないところでしょう。

 

モバ子
コンセントタイプの充電器は更にコンパクトだけど、旅行などで使用する場合、部屋のコンセントの位置によっては、ケーブルタイプの方が使い勝手が良いですよね!

 

RAVPower RP-PC136の特徴と性能

 

製品の特徴(メーカー説明文より)

  • 単ポートで最大65Wの高出力
  • 4台同時急速充電可能
  • 賢い電力配分機能搭載
  • GaN採用で小型化&軽量化を実現
  • 省スペース設計で整理整頓に活躍
  • マルチ保護システム内蔵
  • リモートワークやテレワークなど新しい働き方をサポート

 

最大65W高出力で4ポート搭載

 

ROVPwer RP-PC136 レビュー

 

PD(Power Delivery)対応のUSB-Cポート×2、ismart対応のUSB-Aポート×2の合計4ポートを搭載しています。それぞれのポートは接続された機器を自動的に識別して、その機器に適した電流で急速充電を行うことができます。それぞれのポートに接続した場合の出力は以下の通りです。

 

ROVPwer RP-PC136 レビュー

 

①使用時は最大65Wの出力 合計 65W

 ①+②使用時は45W+18Wの出力   合計 63W

①(or②)+③(or④)使用時は45W+18Wの出力   合計 63W

①(or②)+③+④使用時は45W+12W+12W(5V/2.4A)の出力 合計 69W

①+②+③(or④)使用時は18W+18W+18Wの出力  合計 54W

①+②+③+④ 使用時は18W+18W+12W+12Wの出力 合計  60W

13インチのMacbook Pro(61W)を充電する場合は、他のデバイスと同時に充電することはできませんが、所有しているデバイスの充電性能を把握すれば、効率良くまとめて充電することができますね。

iphon12シリーズでは高速充電に20W以上が必要です。USB-Cポートを同時に使用した場合、45Wと18Wに振分けられるので、高速充電の性能をフルに発揮したい場合は、USB-Cポート×1での使用になります。30分で最大50%まで充電することができます。(もちろん、18Wでも充電することはできます。)

 

ココに注意

iPhone12シリーズには同梱されていますが、他の高速充電対応のiPhoneでは、別途、USB-C Lightningケーブルが必要です。

 

RAVPower RP-PC136でiPhoneに充電してみた

ROVPwer RP-PC136 レビュー

▲バッテリー残20%のiPhone XSに充電してみました。iPhone XSと比較すると、そのコンパクトさが分かると思います。

 

ROVPwer RP-PC136 レビュー

▲USB-Cポートに接続した場合、約10.1Wで充電されています。

 

ROVPwer RP-PC136 レビュー

▲一般的なUSB-AのLightningケーブルをUSB-Aポートに接続した場合、約6.5Wで充電されています。

 

 

RAVPower RP-PC136の安全保護機能と保証サポート

 

 

マルチ保護システムを搭載し、過充電・過熱・ショート防止の安全機能内蔵を備えているので、安全に充電することができます。また、RAVPowerの凄いところは保証期間の長さです。購入後、RAVPowerのホームページで製品登録をすると、通常の保証期間18ヶ月+12ヶ月で、30ヶ月の保証が提供されます。マルチ保護システムで「安全」に使用できるのに加えて、製品の万一の故障などについても「安心」して使用することができますね。

 

RAVPower RP-PC136レビューまとめ

 

ROVPwer RP-PC136 レビュー

 

今までにも他社のUSB充電器をいくつか購入していますが、その中でもRAVPower RP-PC136は良いです。まだ使用し始めてからそれほど経っていないので、耐久性について語ることはできませんが、コンパクトでシンプルなデザイン、コンパクトでありながら4ポート搭載の充電性能など、良いところをありますが、悪いところは見当たらないです。高電力のデバイスをまとめて充電したい人にはおすすめできませんが、自分の使用環境に合う方にとっては、満足できる充電器だと思います。

今回、提供して頂いた後、Go Toキャンペーンを利用して小旅行に持参しましたが、iPhone12pro、Gopro9、モバイル充電器、Beats flexを同時に充電することができてとても重宝しました。本体はとてもコンパクトなので、他のモバイルバッテリーやケーブル類と合わせても、無印良品の「ポリエステル吊るせるケース着脱ポーチ付」にコンパクトに収まり、持ち運びもとても楽でした。

帰宅後に息子に取られてしまったので、自腹でもう一つ購入しようと思っています。

以上、RAVPower RP-PC136のレビューでした。

関連コンテンツ

-充電器
-, ,