iPhone カメラ

【ShiftCam 2.0 Xsモデル レビュー】iPhoneの撮影が楽しくなる拡張レンズ搭載ケース

2019年2月23日

 

ShiftCam 2.0 にiPhone Xsモデルが追加されたので早速購入しました。ShiftCamの2.0 では既にiPhone Xに対応していましたが、2018年12月にiPhone Xs、Xs Max、XRモデルが追加されました。

今回新たにiPhoneのニューモデルに対応したShiftCam 2.0 ですが、同じ『2.0』ではあっても、レンズをスライドさせる構造が大幅に変更されています。

それではShiftCam 2.0 Xsトラベルセットのレビューです。

 

ShiftCam 2.0 Xsモデルの外観

 

 

shiftcam2.0 XSレビュー

 

iPhone Xs用のケースに6つのレンズが装着されています。それぞれのレンズはiPhone Xs本体のカメラレンズの上にスライドさせて使用します。

 

shiftcam2.0 XSレビュー

▲クリップ式のレンズと違って、iPhone Xsのボディの枠をはみ出すような異物感がありませんが、上下に3つずつ並んだレンズは、只者ではない独特な印象を醸し出していますね。

 

shiftcam2.0 XSレビュー

▲レンズは丁寧に作られている印象です。

 

ケースは二つのパーツから成っています。インナーはTPU(熱可塑性ポリウレタン)で耐衝撃インナーです。アウターはポリカーボネートで表面は滑りにくいコーティングになっています。

 

shiftcam2.0 XSレビュー

 

ツヤ消しブラックのボディとデザインは秀逸で、個人的にはとても気に入りました。

 

shiftcam2.0 XSレビュー

▲ケースの左側側面のミュートスイッチ部分は、切り替えはスムーズに行えます。よほど指の太い人でなければ問題ないと思います。ボリュームスイッチを押した印象は多少固めですが、スイッチのクリック感も伝わります。

 

shiftcam2.0 XSレビュー

▲ケースの右側側面のサイドボタンもボリュームスイッチ同様に、多少固めな印象ですがクリック感は感じられます。

追記使い始めて2ヶ月以上が経ちました。左右のサイドボタンとボリュームボタンについてですが、購入当初はクリック感もあるかな?と思っていましたが、やはり一般的なケースと比較すると、お世辞にも良いとは言えません。遊びが無くスイッチ類が常に押されているような印象で、軽く握ったでけでシャッターが連写のようにカシャカシャカシャ・・・・・となることがありました。この辺は改善して欲しいところですね。

 

shiftcam2.0 XSレビュー

▲ライトニングケーブルのポートまわりは充分なスペースがありますが、厚みのあるライトニングコネクターだと挿すのが困難かもしれません。純正ケーブルは全く問題ありません。両サイドのスピーカーも問題ありません。

 

shiftcam2.0 XSレビュー

▲iPhone Xsのディスプレイには、OAproda iPhone X/iPhone XS 全面保護フィルムを貼っていますが、ケースと干渉することはありません。ジャストサイズです。

 

 

 

ShiftCam 2.0 Xsの付属品

 

 

shiftcam2.0 XSレビュー

 

SHIFTCAM 2.0 Xsトラベルセットの付属品

6-in-1 トラベルレンズセット

6-in-1トラベルレンズカバー

フロントフェイシングワイドレンズアダプター(フロントカメラ用広角レンズ)

ケーススタンド

ストラップ

取扱説明書

付属品は以上になります。それぞれの仕様や使い方は後述していきます。

 

ShiftCam 2.0 Xsは6つのレンズ構成

 

 

shiftcam2.0 XSレビュー

 

6-in-1 トラベルレンズセット構成

120度広角レンズ

180度魚眼レンズ

10倍マクロレンズ

2倍望遠レンズ

2倍望遠レンズ

20倍マクロレンズ

2倍望遠レンズが下段に2つ並んでいます。同じレンズを2つ並べる意味を知りたくて、様々なサイトを見てまわりましたが、明確な意味を見付けることができませんでした。

 

shiftcam2.0 XSレビュー

 

自分なりに考えてみました

マクロレンズは10倍と20倍で充分、魚眼レンズも一つあれば良い。一般的に広角レンズは100度から60度ということを考えると、120度もある広角レンズの下のサイズはいらない。望遠は2倍で、もうひとつはそれ以上の倍率の望遠が欲しいところですが、倍率が上がればレンズが長くなってしまう。流くなるとレンズカバーも大きくなってしまう。かといってレンズが5つでは、デザイン上バランスが悪い。5つのレンズのうち2つあっても良いレンズを考えたときに、消去法で2倍望遠レンズにしたのではないでしょうか。

 

ShiftCam 2.0 Xsのトラベルレンズ仕様

 

 広角レンズ魚眼レンズマクロレンズ望遠レンズ
エレメント

エレメント×2/グループ×2

エレメント×3/グループ×3エレメント×2/グループ×2エレメント×4/グループ×4
アングル120度160度N/A30度
倍率0.65X0.35X10X/20X2X
変形-22%-75%-1.5%-4.8%
最短焦点距離10-15mm10-15mm10-15mm20-25mm
ARコーティング多層多層多層

多層

 

 

shiftcam2.0 XSレビュー

▲マクロレンズ10X

 

shiftcam2.0 XSレビュー

▲マクロレンズ20X

 

 

shiftcam2.0 XSレビュー

▲魚眼レンズ

 

 

ShiftCam 2.0 Xsの大幅な改良点

 

ShiftCam 2.0 はレンズをスライドさせて切り替えます。6つのレンズをiPhone本体のレンズにぴったり合わせるために、レンズをスライドさせると、カチッカチッという感触で位置を合わせることができます。その仕組はレンズの裏側に金属の突起があり、ケース本体の凹みと合わせることでカチカチ感を出しています。

ShiftCam 2.0 iPhone Xモデルでは、この凹みがiPhone本体のレンズと同じ直線上にあったため、iPhoneのレンズ表面にスジ(キズ?)が着いてしまうという仕様でした。

ShiftCam 2.0のiPhone Xs、iPhone Xs Max、iPhone XRモデルでは、スライド構造が大幅に変更されています。

 

shiftcam2.0 XSレビュー

▲iPhone本体のカメラレンズと干渉しないように改良されました。

 

shiftcam2.0 XSレビュー

▲レンズの両サイドに金属の突起を移し、iPhone本体のレンズと干渉しないようになりました。

レンズをスライドさせる本体側のレールには等間隔で溝があり、この溝に突起を合わせることでカチッという感触を感じて、レンズの位置を合わせます。

 

 

ShiftCam 2.0 Xsのマグネット式レンズカバー

 

 

shiftcam2.0 XSレビュー

▲レンズカバーの裏側には5個のマグネットがありレンズに装着します。簡単に外れてしまうような磁力ではありませんが、紛失には気をつけた方が良いですね。

マグネットで固定するため、カバーが頻繁にズレたりすると、レンズ側に細かなキズが付きます。レンズに影響はありませんが、この辺りは改善の余地があるかもしれません。

 

 

ShiftCam 2.0 Xsは自撮りも広角で撮影

 

 

shiftcam2.0 XSレビュー

 

レンズは6-in-1トラベルレンズの他に、フロントフェイシングワイドレンズアダプターが付属します。これはiPhoneのフロントカメラに取り付けるレンズで、自撮り用の広角レンズです。自撮り棒を使用したり、手を目一杯伸ばして自撮りしなくても、このアダプターを装着すれば広角な写真を撮影することができます。

 

shiftcam2.0 XSレビュー

 

フロントフェイシングワイドレンズアダプターの使用中はFace IDが使えなくなりますが、右にスライドさせれば使えますので、このへんは臨機応変に使用します。

 

ShiftCam 2.0 Xsにはケーススタンドが付属する

 

 

shiftcam2.0 XSレビュー

 

6-in-1トラベルレンズを使用しない普段使いのときは、付属のケーススタンドを取り付けておくと便利です。iPhone Xs本体のカメラレンズの保護にもなります。撮影したいときはスライドさせれば、即撮影することができます。

 

shiftcam2.0 XSレビュー

▲スタンドにもマグネットが内蔵されています。使わないときはマグネットで固定されます。

マグネット式のスタンドを展開すると、スマホスタンドになります。動画の視聴に重宝する秀逸アイテムです。

 

 

ShiftCam 2.0 Xsの高級感のあるストラップ

 

 

shiftcam2.0 XSレビュー

▲ちょっと大きめなストラップです。

 

▲ケースのストラップホールです。

穴が小さいので取り付けづらいです。ストラップを取り付けると落下の防止になりますが、iPhoneのシンプルさが損なわれてしまうので、僕は取り付けていません。

 

 

ShiftCam 2.0 Xsのレビューまとめ

 

shiftcam2.0 XSレビュー

 

税込み9,800(送料込み)という値段は決して安い金額ではありませんが、ケースやレンズの質感、ケーススタンドなどのギミックオプションなどは、とても満足のいくアイテムです。

ただ一つ気になることは、iPhoneのサイズや形が変わる度にニューモデルに買い換えないといけないということですね。ケースは仕方ないにしても、レンズが使えなくなってしまうのはもったいないですね。

 

shiftcam2.0 XSレビュー

 

インスタグラムにはShiftCam 2.0を使った様々な写真がアップされていますが、こんな撮影もできるのか、あんな撮影もできるのかと、創作意欲を掻き立てられます。

後日、ShiftCam 2.0を使って撮影した写真を記事にしたいと思います。

以上、ShiftCam 2.0 Xsモデルのレビューでした。

 

関連コンテンツ

-iPhone, カメラ
-, ,